2012年02月05日

八宝菜はいろんな具材が楽しめる炒め物

今日は中堅どころの宴席が2件、おかげさまで3:30〜8:00までずっと鍋を振りっぱなしでした。こんなに仕事させていただけることに感謝・感謝です。贅沢をいえば平日にもうちょっとお客様にきていただければいうことないのですが。

happousai.jpg

さて、本日の宴席でお客様のリクエストでお出しした「八宝菜」を紹介します。

もともとは広東料理ですが、肉類、魚介類、野菜類の五目炒めという定義でしょうか。

happousai2.jpg

八宝菜は醤油ベースか塩ベースで味付けするのが一般的ですが、珍々飯店の八宝菜は醤油ベース。オイスターソースのコクが活きた特製だれで味付けしています。まだお試しになったことのない方はぜひ一度食べてみてくださいね。

中国料理珍々飯店
住所:越前市国府1−6−8 
TEL:0778−23−1060
メール:chinchinhanten@gmail.com 
HP:http://chinchinhan.com/
珍々飯店特製餃子のお取り寄せはこちらの楽天ショップへ!
珍々飯店餃子お取り寄せ

ラベル:八宝菜
posted by 珍々さん at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック