2011年04月29日

ボルギョー!

携帯ボルガプロジェクト(私が勝手に命名)と称して越前市の飲食店が開発競争をしているボルガライスの携帯版、ようやくウチでも試作開始いたしました。

s-DSCF7002.jpg

名付けて「ボルギョー」コロチャーシュー、ニンニク・ショウガ・白ネギ入りのスクランブルエッグ、チーズが具材。もはや構成部品がボルガっぽいってだけで原型を留めておりませんな。まさにボルガ界のバリートゥード状態。

s-DSCF7003.jpg

この具材を小麦粉グルテン入り米粉で加工した皮で包みました。米粉を試作に使い出してから、小麦ってなんて加工性に優れていて美味しい食材なんだろうと痛感しています。むろん米粉がマズイってことではなくて加工性の問題。

s-DSCF7004.jpgs-DSCF7005.jpg

この餃子を180℃の油で揚げてみました。見た目はぼちぼち旨そう。

s-DSCF7006.jpg

まずはから食い。ソースをかける前提で味付けしてあるのでちょっと薄めか?まずまずですかね。

s-DSCF7007.jpg

次は当店特製のボルガ天津丼のダレをかけて試食。うーん、賄いとしてはアリですが、商品化には弱いです。ちょっと具材のパンチが弱くてソースが勝っちゃってるかな。米粉の皮はパリッ、モチッとしていて及第点。

s-DSCF7008.jpg

残ったのを焼き餃子として食べてみましたが、焼き面はパリパリしていて良いのですが、それ以外の部分が小麦粉より吸水率が高く、ジューシーというより水っぽい感じ。水で蒸し焼きするのではなく、味付けした鶏ガラスープを注入して焼くと良いかも。

というわけで一朝一夕では良い物はできませんね。まだまだ改善の余地ありです。

評価は・・・(5段階評価)
★★★(3.5)

餃子のことなら
中国料理珍々飯店
住所:越前市国府1−6−8 
TEL:0778−23−1060
メール:chinchinhanten@gmail.com 
HP:http://chinchinhan.com/
珍々飯店特製餃子のお取り寄せはこちらの楽天ショップへ!
珍々飯店餃子お取り寄せ


posted by 珍々さん at 21:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 一週間に一餃子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやはや、ボルギョー(ボルガライス餃子)とはこれも素晴らしいボルガライスの飛び道具ですねぇ〜!!

なかなか新商品開発は難しいでしょうががんばってください!

あっ!トマトを入れてみるってのはどうでしょうか?ボルガライスだとケッチャップライスのところが多いので意外と合うのかなぁって(^o^;)




Posted by ボルガチョフ at 2011年04月30日 21:39
トマトはイイッスね。トマト入りの卵焼きも料理としてあることですし。

ご意見ありがとうございます。

Posted by 珍々さん at 2011年04月30日 22:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。