2010年05月13日

ジャンクフードの雄 マクド

 以下引用:

 ジャンクフードとは、塩分や糖分、脂肪分が多く、ビタミン類が乏しく、栄養価値が低い食品で、英語でJunk-food、つまり、「ガラクタのような食べ物」という意味をもつ。 口当たりの良い「パーム油」などが多用され、味覚を過剰に刺激し、次から次へと食べるように調味づけられている。このため、一度袋を開けたら、やめたくてもなかなかやめられなくなり、しかもカロリーが高いため、少量でもカロリー過多になってしまい、「ダイエットの大敵!」ともいわれている。

 良く意味も知らず使っていたけどガラクタって意味だったのね。でもジャンクなものほど旨いんだこれが。人間の味覚で旨みを感じる成分の大半は脂質だってなんかの記事で読んだことがありますが、確かに脂はうまいですよね。トロとかカルビとかも脂の旨みですし。

 前説が長くなりましたが、先日GW中に子供達がヒマしていたのでそのジャンクフードの雄、「マクド」へ行ってまいりました。

s-s-DSCF3247.jpg

GW中ということで当然店も忙しく、超近場の武生アルプラザ店へ。

s-DSCF3255.jpg

ここ、便はいいのですが品数が少ないんだよな〜 圧倒的な販売網のあるマクドはどうしてもよく食べますが、私はモス派です。

s-DSCF3251.jpg

2年生の3女はおもちゃに釣られてハッピーセット、4年生の次女はさすがにそんなことはなく、えびフィレオセットをオーダー。

s-DSCF3253.jpgs-DSCF3254.jpg

私は照り焼きマックバーガーとフィレオフィッシュを。

s-DSCF3248.jpgs-DSCF3249.jpg

とりあえずこれくらいで家族サービスは許してくれい!父ちゃんは忙しいんじゃ。と心の中でつぶやいておりました。他の一般家庭の人達が家族旅行に出掛ける中、どこにも連れて行ってあげられないのは心苦しいですが、商売上こればかりはしかたありません。夏休みは定休日にあわせてどっか行こうな〜

ブログランキングに参加しています。
応援クリックしていただけると嬉しいです。

 
ラベル:マクド
posted by 珍々さん at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック