2010年04月05日

辛そうでやっぱり辛いラー油丼

 最近巷で噂の桃ラー(桃屋のラー油)のまねごとをしてみようと、賄いメシにラー油丼をつくってみました。

s-DSCF2786.jpg

珍々飯店ではラー油を自家製で作っていますし、その他の材料もそれこそ売るほどあります。ラー油で刻みタマネギ・ニンニクを炒め、チャーシュー細切り、メンマ、キャベツを炒めて塩で味を調えました。

s-DSCF2787.jpg

仕上げに白ネギの細切りをトッピングして完成!

s-DSCF2788.jpg

それではいただきマンモス。

辛い!けど旨い。

単純な料理だったのに予想以上にウマてビックリ。また作って食べようっと。

ブログランキングに参加しています。
応援クリックしていただけると嬉しいです。




ラベル:ラー油丼
posted by 珍々さん at 16:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の賄いメシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これぞほんまモンの「ラー飯(丼)」ですね!
出来合のモノと違って見た目も軽くて美味しそう。

桃ラーだけだと、やっぱり脂っこくて・・・。
歳かなぁ・・・(汗)
Posted by cyoco at 2010年04月05日 17:22
油をゴハンにかけるというのが想像できなくて、ラー油で炒めたものをのせてみました。

冗談抜きでめちゃ旨かったですよ。
めちゃ辛でもありましたが(笑)
Posted by チンチンさん at 2010年04月05日 23:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック