2010年02月26日

ヨコガワ分店

 まずは業務連絡。私の携帯番号をご存じのお客様各位:仕事の都合で携帯に出られないことがあります。手が小麦粉まみれだったりとか、片栗粉まみれだったりとか、油まみれだったり、調理中で手が離せなかったりしますので、ほとんど「不携帯電話」になっていることが多いです。申し訳ないのですが、ご注文の際はお店の電話0778−23−1060のほうにおかけ下さい。よろしくお願いいたしますm(_ _)m

 さて、本題です。先日、「ヨコガワ分店」に行ってきました。

s-DSCF2148.jpg

このお店は定休日が珍々飯店と一緒なのでめったに行けません。この日はたまたま夜行く時間があり、久々に寄らせていただきました。

s-DSCF2147.jpg

もともとはヨコガワ本店が越前市桂町にあって、そこからのれんわけして総社大神宮の中にできたお店なのですが、本店の方が廃業してしまい「ヨコガワ」の正統な血筋はもうこのお店だけになってしまいました。(傍系で「いし川」という小さなお店があるみたいですが。)カウンター10席くらい、座敷席6席くらいのこぢんまりした店内です。

s-DSCF2151.jpg

若社長とお父さん、お母さんで店を切り盛りされています。若社長のSさんは武生YEGメンバーでして、私と同じ委員会内で絡んだこともあります。(その節は無茶ぶりを全て受け止めてくれてありがとうございましたm(_ _)m)私より年若なのですが、調理人・青年経済人としてリスペクトできる好青年です。

s-DSCF2145.jpg

まさに昔ながらの洋食屋さんといったメニュー。

s-DSCF2149.jpg

まずは、串揚げ+生ビールをオーダー。

s-DSCF2150.jpg

お肉は軟らかジューシー、衣はサクサクでビールに最高にあいますね。文句なしの旨さです。

s-DSCF2152.jpg

そして必ず頼むのが筋煮込み。一味を利かせて食べるともうサイコー。ビールにはこれがなっくっちゃ。

s-DSCF2146.jpg

一見さんにはわかりにくいですが、鉄板焼きをオーダーするとカウンター席なら目の前で焼いてくれますよ。熱々に焼いた牛ロースと野菜をふーふー言いながら食べる鉄板焼きもオススメメニューです。(頼もうと思ったのですがボルガライスを食べると決めていたため、カロリー上の都合で断念。)ちなみにこれは裏返してある鉄板。

s-DSCF2153.jpg

〆はやっぱりこれっすね。武生ご当地メニュー「ボルガライス」。

s-DSCF2154.jpg

ボルガライスの由来はどうやらイタリア料理にあるとかなんとかどこかのサイトで見た覚えがあります。若社長に「なんでボルガなんや?ドナウライスでもセーヌライスでもええやんけ?」と聞きましたが、うちが発祥の店ではないのでわからないとのこと。川の名前ではなさそうです。ただ厳然たる事実は武生ご当地グルメボルガライスで一番旨いのはヨコガワ分店ということ。これはいくつかの店で食べた私がいうのだから間違いありません。ほどよく脂の入った柔らか豚肉とサクサクの衣、ふんわり玉子とソースベースのチキンライスにドミグラスソースがかかって、そのハーモニーはなんともいえない旨さです。

s-DSCF2157.jpg

とりあえず、絵だけでも食べた気になってください。(笑)あと、ヨコガワのハンバーグは一度食べておいた方がいいですよ。めっさオススメです。久々に食べて大満足の夜でした。Sさんあっざーっした。ごちそうさまでした。

ヨコガワ分店
越前市京町1丁目4-35
電話 0778-22-7172

ブログランキングに参加しています。
応援クリックしていただけると嬉しいです。





ラベル:ボルガライス
posted by 珍々さん at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 福井のお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック